読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割れないリンゴ

IT、金融、投資、映画、アニメ、ニュース情報をお届けします。

電子タバコで禁煙を目指そう!

1. 日本も電子タバコが当たり前になるかもしれない

最近は、煙草の吸える場所が少なくなり、1,000円に値上がりする話もありますよね。

電子タバコと聞いて一番ピンとくるのは、「iQOS(アイコス)」ですよね。

アイコスを吸っている人は結構いるかと思いますが、アイコスはあくまでタバコです。

アイコスは、匂いもなく有害物質をかなり削減しているようなので、
アイコスに切り替える人は、今後もたくさんいるのではないかと思います。

ですが、電子タバコはアイコスのようなタイプだけではありません。


私がおすすめしたいのは、「リキッド式の電子タバコです。


2. 海外では当たり前のリキッド式電子タバコ

時々、喫煙していてものすごい煙出してる人いますよね。

おそらく、リキッド式の電子タバコじゃないかと思います。

リキッド式電子タバコは、充電式のバッテリーで専用コイルを加熱して
中に入ってるリキッド(風味付きの液体)を蒸発させ、その水蒸気を吸います。

f:id:sasukeao:20170114185057j:plain

普通の煙草と比較すると、煙の量は多いです。

爆煙と呼ばれるタイプもあり、煙で輪っかを作ったり、スモークトリックで使っている人もいます。

普通に吸っていても、周りの目が気になることが多いです。

海外では普通に目にする光景ですが、日本ではまだまだ浸透していないので、
なんだなんだ!?とびっくりされますが、

煙草の匂いはないですし、有害でもない。

さらに、禁煙にも役立つなら流行ってもおかしくないと思っています。

電子タバコなら路上喫煙OKなんかになったら、みんな一斉に手を出すのではないかと思います。


電子タバコ専門店では、お店でリキッドのテイスティング(試し吸い)が可能となっているので、どんなものか試してみるのも良いかもしれません。

vapestudio(電子タバコ専門店)www.vapestudio.jp


リキッドは、フルーティーなものから、よりタバコに近いものまで何百種類とあります。

私は禁煙目的でしたので、メンソール系のリキッドを購入しました。
(メンソール煙草を吸っているみたいで本当にびっくりします笑)

物によりますが、リキッド1本で1,000円くらいなのですが、だいたい煙草100本分くらいと言われています。

電子タバコ本体代はかかりますが、人によってはランニングコストを大きく削減できますね。


3. 本当に禁煙成功するのか

私は、リキッド式電子タバコに切り替えて2ヶ月ほど経ちますが、正直、普通の紙煙草を全く吸っていないわけではありません。

ニコチンが欲しくなるときはありますから、特にお酒の席では。

ですが、通常のタバコは10本も吸ってないと思います。
(普段は2日で1箱ペースでした。)

最近は、タバコの臭いや独特の苦みが嫌になってきたので、このままいけば禁煙できそうな気がします。

禁煙できるならと飛びつく人もいるかと思いますが、電子タバコにもデメリットはあります。


それは、電子製品ですのでメンテナンスが必要です。

中のリキッドだけではなく、加熱するコイルも消耗品となります。

簡単に交換ができるようになっていますが手間ですよね。

詳しい話は店員さんに聞いたほうがいいですが、個人的にはリキッド式電子タバコはおすすめです。