読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割れないリンゴ

IT、金融、投資、映画、アニメ、ニュース情報をお届けします。

音楽が楽しくなる!8ビートを軸にリズムについてわかりやすく解説。

リズムって適当にされがち!?

本日もブログテーマと少し違いますが、どうしても書きたかったのでご了承ください。

みなさん音楽は好きですか?

カラオケで声とか良いのにリズムが狂ってておしい人とか、
ギター弾けるのにリズム感がない人とか残念ですよね。

リズムを感じるだけで1歩先にいけます。
(あ、なんか走ってるなとか気づけます)

リズム感じるだけでもだいぶ違うと思うので、
少しでも音楽が楽しくなればと思います!

では、リズムについて少しお勉強しましょう。


8ビートを感じられればほぼ解決!

ドラムのビートで「8ビート」(エイトビート)というものがあります。
(知ってる方もたくさんいるかと思います)

Wikipediaによると

8ビート(エイトビート)とは、ドラム・ビートの態様の1つで、4分の4拍子で8分音符を基本単位としたビート。2拍目と4拍目にアクセントをおくバックビートのスタイルを持ち、ロックをはじめ、多くの現代ポピュラー音楽で使われているスタイル。

4分の4拍子で8分音符を基本単位としたビート.......
文字にするとなんのこっちゃなので覚えなくても大丈夫っすww

実際に8ビートを体感しよう!

①まずはこちらの動画を

そう、よくあるリズムですね。

文字にすると

「ドツタツドンドンタツ.ドツタツドンドンタツ」

これだけです。

ドラムの解説をすると、
「ド」が足で踏んでるバスドラム
「タ」が左手で叩いているスネアドラム
「ツ」が右手で叩いているハイハット

これだとややこしいですよね?


「ツ」だけにしましょうw

「ツ ツ ツ ツ:ツ ツ ツ ツ:ツ ツ ツ ツ:ツ ツ ツ ツ」

4回の「ツ」が1セットになっているのに気づきましたか?
これが8ビートなんです。

1セットの3番目に「タ」を入れるとほぼ8ビート完成です。

「ツ ツ ツ:ツ ツ ツ:ツ ツ ツ:ツ ツ ツ」

これに慣れてくると「ド」は後から感覚で掴めるので今は大丈夫ですww

曲に合わせて感じてみよう!

劇場版ペルソナ3の主題歌「More Than One Heart」

すごく大好きな曲なんですけど、
ガチャガチャしてなく、サビの独特なゆったりさが8ビートを感じるのに最適な曲だなぁと思いました。
さらに、英語なので歌詞に踊らされないでしっかり音を聞こうという姿勢になります。(私だけ?w)

コツは一定のリズムを保てるかです。
曲の始まりから終わりまで、数分間一定の「ツツツツ」が言えたら完璧です。

曲につられて「ツーツッツ」とかやっちゃったら終わりです。

あくまで一定の「ツツツツ」を保ってください!
Aメロでもサビでも一定の「ツ」です!

しっかり感じられている人はお気づきかと思います。
リズムはAメロだろうがサビだろうが一定なんです。

ここが一番重要なところで、基本的にはどんな曲でもリズムは一定で
曲のスピードが速いか遅いかくらいです。

応用編

我らがエヴァンゲリオンのテーマソング


ちょっと速いかなぁというスピード感で、何よりも良く知っている歌のため脳内ではできあがってしまっているはず。
曲につられず少し機械的に「ツツツツ」を感じてみましょう。

サビに入る前に「ツッツッツ!」とかつられたら終わりですから。

簡単でしょ?