読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割れないリンゴ

IT、金融、投資、映画、アニメ、ニュース情報をお届けします。

【声優】悠木碧「ねぇねぇぇ?あの娘とじゃなくて、わたしと、、もっと楽しいことしない?」

悠木碧の萌えボイス

■シチュエーション
なぜか高校生のお友達(♂)とコタツの中に。
しかし、彼に彼女がいることを知っている悠木碧
でも手をつないで、、、、

「ねぇねぇぇ?あの娘とじゃなくて、わたしと、、もっと楽しいことしない?」

5:50で!!

f:id:sasukeao:20160509221647j:plain

悠木碧とは
4歳で芸能界入り。子役として映画やテレビドラマに出演していた。1999年から2002年にかけてフジテレビ系列のバラエティ番組『やっぱりさんま大先生』『あっぱれさんま大先生』にレギュラー出演。
2011年、『魔法少女まどか☆マギカ』の主人公、鹿目まどか役を演じ、2011年10月に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011』にて声優主演女優賞を受賞し、
2012年3月2日に発表された第6回声優アワードにおいて歴代最年少の19歳で主演女優賞を受賞。さらに同年の日刊スポーツ第1回日刊アニメグランプリではMIP女性声優賞を受賞。

子供の頃は「正義の味方」になりたかったと言い、『美少女戦士セーラームーン』のファンで特に背の高いセーラージュピター/木野まことなど主に背の高いキャラクターを好いている。
ゲーム好きで、人生で最も面白かった作品には「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を挙げている。
多色の画材を使ったイラストも得意。中学、高校では美術部に所属しており本人のブログほか、さまざまな場所で目にする事がある。
魔法少女まどか☆マギカ』の2話・3話では、主人公である鹿目まどかが妄想したという設定の魔法少女衣装のノート落書き絵が作中で登場する。
ベン・トーのDVD5巻のオーディオコメンタリーで、アバンが長い為に「マッチョなウサギ」を落書きして待っていたが、
これが原作9巻に登場し、彼女が演じた役である「白粉花」が「アオちゃん」なる人物と友人という設定が付加された。